お知らせ

お知らせNews

2020/09/30お知らせ

納車になりました新車の紹介!

納車になりました新車の紹介!

いつも親幸産業をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は先日新しいユニックセルフ車が納車になりましたので簡単に紹介したいと思います。

 

動画はこちらになります↓↓↓↓

ユニックセルフ車 新車紹介!建設資材運搬と建設機械回送もなんでもこなすオールラウンダー!待望のユニックセルフの新車が納車しました。スペックはこちらになります。 メーカー日野 車両総重量14330kg 総積載容量7,000kg 荷台サイズ縦530 横230 車体長さ942㎝ 幅247㎝ 高さ296㎝ 新規、1回のみ、単発の運送、お見積りご依頼承ります! 当日や急な依頼も迅速対応致します。 お気軽にお問...リンクyoutu.be

 

7トン積のユニックセルフ車ですね。

4段クレーンのハイジャッキです。

 

ちなみにユニックセルフ車の重量を表現するのに2通りの言い方があります。

車体の総重量でいう場合と、実際にいくら積み込むことができるのかを表現する

積載量ですね。

 

ボディメーカーさんが言う重量ではこちらの新車は14トン車となります。

積載量で言うならば7トン車と呼びます。

こちらは本来であれば8トン半クラスの重量までの荷物を積載することが

できますが、すでにクレーンを付けていますので、積載できる容量は7トンと

なっております。

 

そして、荷台サイズはあおり内寸縦530 横230cmとなります。

 

ちなみにバックライトはLEDを使用していますので、夜間の明るさもばっちりです。

あおり幅は50cmとなります。

 

後ろはデザインではなく斜めにカットしております。

こちらセルフ車ですのでハイジャッキがついていますので、そこで地面と緩衝しないよう

ななめにカットしてあります。

 

 

 

安全のために前方にレーダーも付いていて、前に走っている車や障害物を検知して

ブレーキがかかります。

 

 

 

こちらはドライブレコーダーとバックカメラを兼ねています。

後方、死角である左後方もこれでしっかりと確認ができます。

 

シートもカッコいいシートになっています!

 

ユニック車はオーバーロードの事故が多いので、

最近は警報装置が鳴る警報型か運転を停止する停止型になりますが、

こちらは警報型となっております。

 

 

仮設材、プレカット、建築資材も、建設機械も運べるオールラウンダーで、

フォークリフト、ユンボ、高所作業車、セメント、鉄板や足場材そして型枠材も、ありとあらゆる

建設資材を運ぶことができる丁度いいユニックセルフ車となっております。

 

新幸産業ではご新規様、1回のみ、単発の運送も喜んで承っております。

当日や急なご依頼も可能な限り迅速対応致します!お気軽にお問合せ下さい!