コンプライアンスを遵守します

コンプライアンスCompliance

親幸産業はコンプライアンスを遵守します

トラックに積み込める積載物の大きさ・積み方は道路交通法で定められております。

トラックに積載できる積荷には、以下のような制限があります。

  • 積載物の重さ
  • 積載物の長さ
  • 高さ
  • 定格荷重

親幸産業はこれらの制限を遵守し、作業させていただきます。

クレーンの定格荷重について

ユニックのオーバーロードは、重大事故に繋がります。

クレーン作業時は、定格荷重を超えた荷重を吊り上げる「オーバーロード」にならないよう、
オペレーターに定格荷重をよく確認して安全性を確保した上で作業を進めます。

定格荷重を超えた作業は、重大事故につながります。

親幸産業はこのような
危険な作業はいたしません!

ユニッククレーンの作業領域

前方領域では、
空車時の定格荷重から
25%以下の性能
です。

当社採用のユニッククレーンは定格荷重オーバーすると警報が鳴る「定格荷重アラート機能」搭載のユニック車を順次導入しています。
将来全車に搭載の予定です。

傾斜角指示装置で安全に積荷を荷上げ・荷下ろしできる傾斜角を確認しながら、定格荷重内での作業をいたします。

トラックの積載物について

積載物の重量

道路交通法57条

「積載物の重量・大きさ・若しくは積載の方法」記載

最大積載量
車種によって決まっている

積載物のサイズ

道路交通法施行令22条3項・4項

「積載物の重量・大きさ・若しくは積載の方法」記載

長さ高さがそれぞれの車種に対し定められています。


はみ出す場合は「制限外積載申請書」の申請が必要です

どうしても荷物がはみ出してしまう場合は、出発地の警察署長に許可申請を出すことで、
車体の幅+1(3.5m)まで、左右のはみ出し幅0.5mまで積載が可能です。

提出には多数の書類が必要になるので、書類を早めに申請する必要があります。

幅2mのトラックに
幅2.5mの積荷を載せる場合

幅2.5mのトラックに
幅3mの積荷を載せる場合

車両制限令の一般的制限値を超えるので、道路管理者の「特殊車両通行許可」申請します。

制限を超える積載の場合は赤い布を付ける必要があります。

許可が下りて実際に運送する場合には、荷物の後ろの見えやすい場所に30cm四方の赤い布を付ける必要があります。